日本語
電話: (81-3) 4578-9158

 

フロー バルブ用途

液圧が上昇すると、クレスト トゥ クレスト ウェーブ スプリングは、ピストンの線形移動を正確に制御して、正しい流量になるようにオリフィスを配置します。

 

送水バルブ

フラット ワイヤー スプリングとしても知られているスモーリー クレスト トゥ クレスト ウェーブ スプリングは、一定の荷重をかけてメイン シャフトのねじにかみ合わせることで、バルブ ハンドルの回転を防止します。ハンドルを反時計方向に回転させると、ウェーブ スプリングの抵抗が増し、回転しにくくなります。

 

振動絶縁装置

一定の荷重下では、アイソレーターは機器の作動による振動を弱めます。ウェイボー スプリングは、精密で予測可能な荷重/たわみ曲線を提供するために使用されています

 

航空宇宙用電気コネクター

アッセンブリ内の 2 個の単巻オーバーラップ型ウェーブ スプリングが、圧縮時に一定の力をかけることで、途切れのない接続を保証します。

 

バルブ

バルブに圧縮空気を通したときに、クレスト トゥ クレスト ウェーブ スプリングが圧縮され、バルブからの流量の精密な制御を可能にする正確な力を保持します。

 

圧力リリーフ バルブ

クレスト トゥ クレスト ウェーブ スプリングを使用することで、正確な圧力が達成されます。アッセンブリにかかる空気圧によりスプリング荷重が増加し、その結果プレートが密閉面から離れ圧力リリーフ機構を提供します。スプリングにかかる荷重が減少すると、ばね力も減少し、ユニットが再度密閉されます。

 

ロータリー カッター

カッターは、位置決めタブ付きの特別に設計されたウェーブ スプリングを使用しています。ウェーブ スプリングは、2 個のカッター ハーフに圧力をかけ、振動できるようにしながらもそれぞれを一緒に保持しています。

 

フェイス シール

スモーリー ウェーブ スプリングは、カーボン面をはめ合い面に対して精密な荷重になるように圧力をかけて、液体を適切に密閉します。ウェーブ スプリングは、一定の作動範囲で作動して、正確な応力を加えます。ウェーブ スプリングは、必要なばね定数を維持できないプレス加工による波形ワッシャーを置き換えます。過度な磨耗を防止しながらも適切な密閉を保持するには、ウェーブ スプリングのばね力によりカーボン面がシール面に対して正確な圧力を掛けることが必須です。

 

 

フローティング ギア

内包されたブラケットで機能するスモーリー クレスト トゥ クレスト ウェーブ スプリングは、ギアに軽いながらも正確な圧力をかけて、軸方向の動きを可能にしています。この用途のギアは、作動中に噛み合い相手ギアに対して自己整列を行います。

クイック製品検索

お問い合わせ先

電話:
(81-3) 4578-9158

一般的なご質問:
info@smalley.com

セールス:
sales@smalley.com

ソーシャル ネットワーク

© 2020 Smalley Steel Ring Company. All Rights Reserved.